読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早慶合格対策委員会

早稲田大学、慶應大学に合格するための勉強法や参考書を紹介しています。

高校入学から早慶合格に必要な勉強法と参考書11選

今回は高校入学から早慶合格に必要な勉強法と参考書を紹介しようと思う。

 

英単語

システム英単語ベーシック

中学卒業して最初の単語帳としてオススメ。
レベル 高校初期〜センター・GMARCH向き。
特徴 基本的な作りは同じでシステム英単語より簡単な単語が収録されている。
高三のかたでもセンターで8割以上取れるようになるまではこれだけで十分。
変に見栄を張ってレベルの高い単語帳から始めると
テストの点数が全く伸びないので要注意。 

 

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

 

 


システム英単語

他の記事でも何度も登場している王道の英単語帳。
レベル センター〜MARCH上位・早慶下位学部向き。
特徴 ミニマムフレーズを利用しフレーズで単語を覚えられるので、記憶に残りやすい。
無駄な情報がなく非常に効率良く進められる。
どうしても相性がよくない、という方以外は騙されたと思って使って欲しい。
シス単のみでも早慶に挑めるがもう一冊やっておくと有利。

 

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

 


リンガメタリカ

レベル 早慶上智対策

シス単を完璧に覚えてからリンガメタリカを使おう。
いきなりリンガメタリカから入ると地獄を見るので必ず単語帳一冊終えてから。
特徴 入試頻出テーマの単語・背景知識を掲載。
読んでおくと入試当日に似たような問題が取り上げられた時にかなり有利。
シス単とこれをやっておけば英単語はバッチリ。

 

話題別英単語リンガメタリカ[改訂版]

話題別英単語リンガメタリカ[改訂版]

 

 

話題別英単語リンガメタリカ CD 改訂版対応

話題別英単語リンガメタリカ CD 改訂版対応

 

 


英熟語

・速読英熟語

速読英単語の熟語バージョン。
ちょっとした文章を読みながら学習できるので記憶に残りやすい。
熟語はこれ一冊と文法問題集に載っているものを覚えれば十分。

 

速読英熟語

速読英熟語

 

 

速読英熟語CD (<CD>)

速読英熟語CD ()

 

 


英文法

・総合英語 Forest 

受験界王道の文法書。いわば文法の辞書のようなもの。
過去問などでわからない問題が出てきた時に見返せるように常備しておこう。

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 


・フォレスト解いてトレーニング

フォレストに準拠している文法問題集。
難易度はそれほど高くないため、最初の文法問題集としては◎
問題をじっくり解くというよりは右ページを見ながら
左ページを穴埋めしていくことにしよう。
また何度も繰り返せるように直接書きこまないこと。
まずはこの文法書をおさえておけばセンター試験は突破できるはず。

 

総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング

総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング

 

 


・英文法語法1000

フォレストで文法の基礎を抑えたら難易度の高い英文法語法1000に進もう。
受験までに最低7周すること。
この文法問題集をマスターできれば早慶の文法問題にも十分対応できる。

 

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

 

 


・next Stage

英文法語法1000の代わりにネクステでもOK。
しかし、英文法語法1000に比べると若干レベルが下がるので
すでに持っている場合を除いては英文法語法1000を選ぼう。

 

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 

 


英文解釈(読解)

・基礎英文問題精講
文法の基礎を固めた後は英文解釈の練習。
難易度としてはセンター試験GMARCHレベル。
この本を一通り終える頃にはGMARCHで英文構造が掴めないことはなくなるだろう。
英文解釈の大事なポイントがグッと詰まっている良書であるため、
短い時間で効率良く勉強を進められる。

本書の使い方は、基本的な英語構文を含む短い文章の和訳。
文法の基礎ができていなければ、
わからない単語がないのに和訳できないということになる。
本文の内容も非常に面白いものになっており
読み物として楽しめるのでドンドン進めたくなるのもオススメする理由である。

ただし、基礎が固まっていないと全く読めないので要注意。

 

基礎英文問題精講 3訂版

基礎英文問題精講 3訂版

 

 

・ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

基礎英文問題精講を終えた後はポレポレ。英文解釈の王道の一冊。
非常に薄く表紙などからも簡単そうに見えるのだが、
実際に取り組んでみると非常に難しい。
英文解釈の基礎ができていなければ全く歯が立たないはず。
ネット上のレビューでポレポレを批判しているうちの
9割は自身の力不足によりこの本の良さに気付けない人間によるものだ。

基礎英文問題精講を一通り終えた後ならば
この難解な英語長文と戦えるだけの力が付いているだろう。
そしてどれだけエッセンスが詰まっているかが実感できるはず。

ポレポレを最後までやり遂げた時には早慶のほとんどの英文がスラスラと
読めるようになっているはずだ。ここまで来れば早慶に合格できる力が付いている。

 

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

 

 


・英文読解の透視図
透視図はポレポレよりもさらに難しい英文解釈の問題集だ。
透視図まで終えたら受験英語に関しては無敵になれる。
ポレポレも読み込みすぎてやることがなくなってしまったら取り組もう。

中身としてはポレポレと少し似ているかもしれない。
ちょっとした長文を和訳していくというものだが非常にエッセンスが詰まっている。

 

英文読解の透視図

英文読解の透視図

 

 

長文問題

・やっておきたい英語長文

英文解釈の練習を積み、難解な文構造を理解できるようになった後は
英語長文の問題練習を積もう。貴重な過去問にいきなり取り組むのではなく
ワンクッション挟んでから過去問に取り組むこと。

長文問題を解くコツというものがある。
文章の流れや設問に対する考え方、答え方。
これらは過去問には詳しく載っていない。


やっておきたい英語長文をオススメする理由は3つ

 1、入試頻出テーマを掲載
リンガメタリカのところでも説明したが入試問題は頻出テーマの背景知識があると
非常に取り組みやすい。その点、この問題集は頻出テーマを扱っているため
問題を解きながら背景知識を学ぶことができる。さらに加えてコラムにて
背景知識の解説をしている点もポイント。

 2、解説が詳しい
英文解釈の力をつけていれば十分理解できるだけの解説があるため、
つまづくことなく効率良く学習ができる。

 3、難易度が高い
やっておきた英語長文700を解けるレベルになれば早慶の問題にも対応できるだろう。
大事なことは解いて終わりではなく何度も繰り返し音読をする必要がある。

 

 

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

 

 

 

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

 

 

 

やっておきたい英語長文1000 (河合塾シリーズ)

やっておきたい英語長文1000 (河合塾シリーズ)

 

 

 


さいごに

ここまで高校入学から早慶上智合格までに必要な参考書を紹介してきた。
ここに載っている参考書を一通り終えた頃には早慶に十分合格できるレベルにも到達しているはずだ。